認定こども園 あたご幼稚園

平成29年度・30年度保育部新規入園希望者受付について

29年度保育部は4月1日入園の0・1・2歳児さんで定員はいっぱいとなりました。

30年度の入園申込み手続きは平成29年12月中旬ごろになると思われます。

11月下旬に説明会、12月に面接、1月より利用調整となる予定です。

また説明会・入園面接等の日程、スケジュールは詳細が分かり次第、お知らせ致します。

申請申し込み書は認定こども園愛宕幼稚園(保育部)が窓口となりますので、直接保育部窓口までお越しください。

※ただし、申請書受け取りの際には①事前に園を見学なさっていること、②認定こども園 愛宕幼稚園の保育教育方針等に賛同・同意いただくことを条件とさせていただきます。

※見学は、10月下旬に合同見学会を行いますので、その際にご案内致します。日付など決まりましたらホームページでお知らせ致します。

ページトップへ

あたご幼稚園の目指すもの

  1. 1.基本理念
    1. ①安心と信頼を持たれる園として、一人ひとりを大切に行き届いた保育を行なう。
    2. ②地域の核として、地域社会の教育のニーズに応え、常に教育の質の向上に努める。
    3. ③良質な先進的教育を提供する
    4. ④人間性豊かな逞しい子を育成する。
  2. 2.教育理念

    どんな困難にもくじけず、常に人の喜びを自分の喜びとし、すべてのことに感謝の心を持ち、すべてのことに愛を持って行なうことのできる人づくり。

  3. 3.教育目標
    1. 心身ともに健康で、日常生活を活き活きと楽しむ力、逞しく生きる力や愛に満ちた豊かな心を育てる。
  4. 4.目指す幼児像
    1. ①つよい子
    2. ②明るく元気な子
    3. ③優しく思いやりのある子
    4. ④良いこと悪いことがわかる子
    5. ⑤挨拶・返事が進んででき、心から「ありがとう」「ごめんなさい」が言える子

ページトップへ

凛として美しく!

地域のブランドとなる伝統ある私学の認定こども園として、
明日の日本のリーダーとなる礼儀作法を身に着けた品格ある子どもを育てるために。

  1. 〔1〕 挨拶は自分から先にする。「円満な対人関係の土台作り」
  2. 〔2〕 返事はハイとはっきりする「素直な心と行動力が身に付く」
  3. 〔3〕 履物を揃える・席を立ったら椅子を入れる。「ものと心の両面の閉まりが身に付く」
  4. 〔4〕 立腰(姿勢を正す)・黙想瞑想…心と体をコントロールできる。我慢を教える。
    脳を活性化する

※目に見えない心を育てるために、目に見える型や態度、耳に聴こえる言葉を通し、その型や態度、言葉に含まれる精神を心の中に入れ込んでいくことが教育の根基といえます。

職員の心得
  • 一つ、私達は「美しい立居振舞」を徹底します。
    「挨拶」「返事」「美しい言葉遣い」「笑顔」「掃除」「姿勢」
  • 一つ、私達は 子ども一人ひとりを大切にするために決して手間とひまを惜しみません。
    ~JUST SAY YES~『出来ることはやる』のプロとしての高い志を持って仕事に取り組みます。
  • 一つ、私達は常に愛宕幼稚園の「理念・方針・目標」を共有できる人財となります。
  • 一つ、私達は教師の仕事を通して、全員が人として成長する気持ちを持ち、努力を続けます。
  • 一つ、私達の話し方はNHK(ニコニコ・ハキハキ・気品を持って)を意識して、その向上に努めます。
  • 一つ、私達は地域全ての保護者に愛宕幼稚園に入園させたいと思ってもらえるような園にするために働きます。
今年のテーマ「KAIZEN」

ページトップへ

特徴

本物の体験!
知・徳・体・食のバランスのとれたカリキュラム

自然観察・博物館や商店街買い物など本物に触れる園外保育。お誕生会・お餅つき・節分・収穫祭・ハロウィンパーティー・クリスマスなど様々なイベント。プロの演奏家によるクラシック音楽のコンサート。日々の教室では日本の季節を感じながらの絵画・工作・造形遊び。 食育活動では園内に水田や畑をつくり、稲や野菜を協力して育て、収穫し調理して命を頂く実感を味わうなど、遊びを通じた本物の体験と学習活動で、確かな生きる力と感覚・感性を磨きます。 また、日本語の美しさ日本の心を伝えるために物語の読み聞かせや俳句・論語・詩の暗唱、年間を通して手話にも力を入れています。

心身の健康・鍛錬~明るく元気にのびのびと!~

3045平方メートルの広い運動場は、筑豊地区でも類を見ません。心行くまで思い切り走り回り、子ども達はのびのびと運動しています。大勢の教師も一緒になって野球やサッカー、一輪車、鬼ごっこなど力いっぱい遊びます。 脳が最も発達する時期に全身を使ったあらゆる種類の刺激を与えることで、身体の功緻性や心肺機能を高めることはもちろん、スポーツを通して自分に挑戦する気持ち、粘り強くあきらめない根性を育てています。また団体での競技はルールを守る心。コミュニケーション能力を伸ばし、互いを補い合い良いところを励まし合う友情も成長します。雨の日にも広い体育館が大活躍、様々な器械体操の遊具などを備えています。

異年齢の交流

核家族が多く、兄弟も少ない現代の子ども達は、幅広い年齢で徒党を組んで遊ぶ体験が出来なくなったと言われています。子ども達から三つの間(仲間・空間・時間)がなくなった事は日本を支えていた縁を薄くしています。園では意図的に縦割りクラスをカリキュラムに組み込み、皆で助け合い互いに親しみながら交流を深めています。 幼稚園でのお兄ちゃん、お姉ちゃんという役割は年上の園児たちにとって「小さい者を大切にする優しい気持ち」を育みます。また、弟や妹となった小さい園児たちは、頼れる親密な存在ができることで園生活がより安心で楽しいものとなります。 様々な年齢の子ども達が一緒に遊び・助け合い・食事やイベントをするなかで、より柔軟なコミュニケーション能力の発達、相手の気持ちを考える想像力、愛情を持ってつながりあう大切な縁を育んでいます。交流クラスの活動以外でも自由活動の時間に広い運動場でペアの子を見つけて一緒に遊ぶ姿や、お手紙を交換し合う姿など子どもたちの気持ちの成長を感じる瞬間が多くあります。

本場の英語で国際人を育てる

今や、子ども達を待つ活躍の舞台は世界に広がっています。2020年文部科学省の目指す「英語の話せる日本人」を受け、国際的な子どもの育成の一環として、基礎となる外国語(英語)をネイティブ(本園正規職員)が指導します。 英語との出会いを楽しいものと印象付ける遊びを通じての正課保育の他に、週3回生活に根差した基本英単語の一斉ヒアリングレッスンは子ども達も大好きな時間として定着しています。 言語脳の細胞を鍛え、シナプスを増やすだけでなく。この年齢にしか身に着けることのできない英語独特の周波数への聴覚才能を開くカギともなっています。

芸術的感性を育てるリトミック

一般的に知られる既成の曲とダンスを結びつけたリトミックとは違った、即興的情緒的なリトミックを各学年が毎月設定された細かいカリキュラムに沿って行っています。 心と体の協応力を育てる本園のリトミックは、聴覚視覚などの様々な刺激をとらえる感受性を伸ばし、集中力・模倣力からはじまり反射的な判断能力を発達させ、芸術的な想像力・独創性のある表現力へと発展させていきます。音楽を通して感性を養い、のびのびと自由に自分を表現できる喜び引き出す楽しい指導を行っています。

充実した課外活動

「知・好・楽」。生涯を通して人生を高める趣味の世界との出会いの場として。本園では様々な課外活動にも力を入れています。お茶教室(裏千家)。ピアノ教室(カワイ音楽教室)。スイミングスクール(新飯塚スイミング・カホスイミング)。文字教室(ペンシリア)。本園教師による英会話教室は、正規の英語の授業で興味をもったお子様がもっと英語に親しむために参加し、本園卒園児が高校生・大学生になっても通い続け、数々の英検上級取得の実績もあります。日体大卒の本園教師による体操教室は、小学生顔負けの運動レベルに参加者100名を超える人気の課外です。

子育て支援

子育て中の保護者の皆様を支援するために園では入園前の満3歳児クラス、2歳児の幼児教室などを設置しています。

満3歳クラス(ペンギン組)

基本的な生活習慣を身につけ、自立への援助をします。園内外の自然にふれあうことで五感を刺激します。英語の先生や体育の先生の正規の授業も行われ、様々な体験を通してからだやこころ、脳を鍛えます。

未就園児クラス(わんぱくルーム)

主に2歳児を対象にした自由度の高い幼児教室です。広々とした幼稚園でお友だちと一緒にのびのび遊び、楽しい時間を過ごしています。

家庭・地域とのつながりを重視!
「かけはし」

月に2回、一人ひとりの園での活動を通しての成長の様子を連絡帳でご家庭に知らせています。ご家庭からもご家庭での様子、家族のイベントなどを知らせていただき、お子様への理解を深めるとともにかけがえのない時間の成長の記録として大変喜ばれています。

預かり保育

専任教師がきちんとしたカリキュラムに沿って正課保育時間の後の活動をしています。異年齢の子ども達が楽しく活動し、栄養士による手作りの食育おやつも提供されます。
お仕事をされている、近所には同年代のお友達がいない、安全な遊び場所がない、急な用事で一時的に預けたいなど、様々なご家庭からの希望に対応したクラスです。

土曜日特別活動(わくわくさん)

学期に一度、保護者様もご一緒にご家庭では体験できないダイナミックな活動を行っています。特に、日頃子どもとかかわる時間が少ないお父様が大活躍する機会です。ファミリー同士の交流も深まり、ご家族同士の縁が生まれより一層、子どもたちの育つ地域をつないでいます。卒園児の親子も参加することができます。
【登山・陶芸・カヌー・地引網・バームクーヘン・石焼釜のピザつくり・竹飯つくり・手打ちうどん・マイ箸作りなど】

ページトップへ

概要

開園時間
開園時間 平日・土曜日 7:30〜18:00
日曜日・祝日 原則休園
その他
休園日 日・祝日・お盆・年末年始
諸経費について
受験料 なし  
入園料 40,000円(3歳児進級・入園の際)  
保育料 飯塚市に準ずる(教材費・給食費含む)
※その他実費徴収として、施設充実費毎月1,000円
 冷暖房費:毎月340円
 3~5歳児は米飯代毎月1,000円をいただいております。
 
※学期ごとの徴収
父母の会費(任意) 1,500円 一学期500円

※制服代

入園までの流れ

  • ①園へ申し込み(直接・電話)
  • ② 書類提出・園長面接(15日締め切り)
    ※必ず園長面接を受けて頂きます。
  • ③内定通知(20日頃)
  • ④入園可(翌月1日より)

平成27年度4月1日時点で27年度の保育部定員は(0~2歳児)いっぱいになりました。

平成28年4月1日入所の手続きは決まり次第お知らせいたします。見学は6月16日以降受け付けておりますのでご希望のある方はお電話下さい。

給食等提供時間

0歳児 1歳児 2歳児
午前おやつ 10:00 10:00 10:00
給食 11:30 11:30 11:30
午後おやつ 15:00 15:00 15:00

学級編成

0歳児 1歳児 2歳児 3歳児 4歳児 5歳児
定員 4 18 18 20 20 20
クラス名 らっこ あひる イルカ 年少 年中 年長

入園に関してのお問い合わせは
0948-24-5777(保育園部)までお電話ください。

見学等も随時受け付けております。

ページトップへ


〒820-0001 福岡県飯塚市鯰田市の間2578-40
【幼稚園部】 TEL.0948-24-4635  FAX.0948-24-4610
【保育園部】 TEL.0948-24-5777  FAX.0948-43-9569